保育サービス・ベビーシッターなど保育に関する福利厚生メニューの充実はトットメイトへ

保育所・託児所HOME  >  お客さま導入事例紹介  >  病院内保育所:千音寺産婦人科さま|託児所新規開設

病院内保育所:千音寺産婦人科さま|託児所新規開設

名古屋市中川区の「千音寺産婦人科さま」では、職員のための託児施設として2月1日よりキッズルーム「チコーニャ」を開設。弊社の「保育所開設支援サービス」をご活用いただいた経緯や感想などについて、事務長の間宮伸行様にお話を伺いました。

職員の求人・離職防止対策として病院内保育所の開設を決断

千音寺産婦人科さま事務長 間宮さん

産科はハードな現場であるため、職員募集をかけても集まりにくく、就職してからも産休後に復職せずそのまま辞められるケースもありました。その改善策として持ち上がったのが院内保育所を作ることでした。病院内部で1年近く検討していたのですが、たまたまミルクを卸していただいている会社からの紹介でトットメイトさんを知り、いろいろご提案くださる中で、その道に大変詳しく頼れる存在だと実感し、契約に至りました。


助成金を活用。難しい手続きもトットメイトのフォローで安心

保育所開設構想をきっかけに、写真左部分を増床。保育所は1階部分にあります。

保育所開設にあたって公的な助成金が使えることは以前から知っていました。申請手続きの書類自体はそれほど量は多くないのですが、専門用語や決まりごとが多く、書類が一文字間違ってもやり直しになってしまうなど、とても面倒なものです。やはりトットメイトさんに応援してもらって心強かったですね。設計や設備、運営方法についてもノウハウを熟知していらっしゃるトットメイトさんの提案どおりにお任せして、契約から約1年でオープンさせることができました。保育所開設の担当者は実質私一人でしたので、とにかくこちらの負担をできるかぎり軽減できて助かりました。

助成金受給のためには子供一人あたり7平米の広さが必要。明るく広々とした保育空間には床暖房も完備。ちなみに「チコーニャ」とはイタリア語で「こうのとり」の意味。

スタッフから好評価の保育環境 将来は患者さんの託児所として活用も

オープン時の職員内覧会では好感触でした。利用料についても「妥当な金額は?」とアンケートを取って決定しました。他と比べるとかなり破格の値段なのですが、働きやすい環境を整えて優秀な人材を確保するための先行投資として考えています。まだ開設して間もないため費用対効果についてはもっと先にならないとわかりませんが、春休み時期の一時預かりや今春から入職するスタッフの利用希望も徐々に増えてきています。求人のほうもほとんどゼロだった問い合わせが、ぼちぼち来ている状態です。まずは福利厚生として運営を定着させ、将来的には、患者さんのお子さんも対象とした院内託児所としても活用できればと思っています。

開設後の運営・維持面でも心強いトットメイトの支援

朝~夕の保育に加え、週一回24時間保育も実施。またイレギュラーの保育にも柔軟に対応できる体制を整えています。

トイレ・キッチン・手洗い場を完備しているほか、乳児室も設置。

開設して実際にお子さんを預かるとなると、状況に応じてさまざまな備品や消耗品が必要になってきます。「作ったらおしまい」ではなく、できてからの運営・維持がまた大変なんですが、トットメイトさんがきめ細かく臨機応変にやってもらっていて助かります。助成金の手続きもまた半年後にありますが、もちろんこちらでも頼りにしているのは言うまでもありません。


トットメイト営業担当者と備品や今後の助成金申請について綿密に打ち合わせ。「どんな些細なことでも、相談に乗ってくれて即応してくれる小回りの良さがトットメイトさんの持ち味ですね」


「自前の資金・マンパワーで保育所を作るのは決して不可能ではないですが、現実的には相当ハードルが高いと思います」と語る間宮さん。今後も弊社では施設の運営や助成金利用へのフォローなど、さまざまな支援を展開し、職員さんが安心して働け、お子様にとってもよりよい時間を過ごせる環境づくりを支援して参ります。
現在、病院内保育所、企業内保育所等の開設をご検討のみなさまも、ぜひトットメイトへどうぞお気軽にお問い合わせください。